ダイエット

体重計に乗るダイエット

私がずっと続けているダイエット法は、朝と夜に体重計に乗ることです。

 

夜体重計に乗った際に朝よりも体重が増えていると、その次の日に気をつけようという気持ちになって、いわゆるドカ食いを防ぐ助けになります。そして体重が減っていると、今度は「せっかく減ったからこのまま頑張ろう」と明日からの励みになります。

 

ただ、私は体重をグラフに記入したりはしていません。単純に面倒くさがりでグラフへの記入が続かないのと、後日グラフを見てトータルであまり結果が出ていないと、諦めてしまいそうになるからです。

 

もう一つ体重に関して思っているのは、私の場合、例えば食べ過ぎてしまったりした日の3日後に体重に反映されているということです。
次の日にすぐ反映されれば翌日から気をつけることが出来るのですが、長年体重計に乗ってきた結果、残念ながら体重が反映されるのにはある程度の日数がかかっています。
しかしこれには良い点もあります。それは、体重が反映される頃、つまり3日後に増えないように、その前の2日間で調整することができる点です。

 

食べ過ぎたら、翌日と翌々日に食事をヘルシーなものにしたり、運動したりすることで、3日後の体重増加を防ぐことが出来ます。
私自身時々体重測定をするのを忘れてしまいますが、その時は大抵体重が増えてしまっています。まずは自分の今を把握するため、体重計に乗ってみてはいかがでしょうか。

 

 

掃除で痩せれるんだな

私は、元々営業のお仕事をしていました。大手の会社でしたし、拘束時間も長く、休憩もちゃんとした時間ではなく、お昼休憩を夕方にとらないといけないときもよくありました。

 

とにかく不規則な仕事でしたので、毎日コンビニ弁当とか、夜ごはんも作っていたら寝る時間が少なくなってしまうので、帰りにテイクアウトして食べたりして、食生活もかなり不規則でした。そのため、入社してから、体重が6sほど増えてしまい、同窓会とかあっても絶対に行けないと思って参加できないでいました。

 

精神的にも限界がきていたので、思い切って転職をしました。その転職先が、毎朝の掃除をしっかり1時間以上時間をとってやる会社で、床拭きや窓ふきはもちろん扉や柱なども上から下まで雑巾がけをしていたので、入ったばかりの頃は筋肉痛になっていたほどで、朝からこんなに動いて帰りまで体力が持つのか心配になるくらいでした。

 

転職先は、前の職場とは違い、ある程度休憩の時間は固定されていて、仕事が終わる時間もそんなに遅くなることはなかったのですが、相変わらずジャンクフードをたべる機会は多かったです。

 

しかし、入社して1年たったころ、周りから痩せたんじゃない?と言われることが増えました。気が付いたら6s体重が落ちていました。特に食生活も変わっていないし、運動もしていなかったので、仕事でやっていた掃除がダイエットになっていたんだなと思い、掃除って痩せるんだなと初めて実感しました。

 

関連ページ

セルライトをなくすためには
ダイエットの悩みや体験談についてです。
痩せよう、そして挫折…繰り返す人生
ダイエットの悩みや体験談についてです。
ながらダイエットでシェイプアップ
ダイエットの悩みや体験談についてです。
一生ダイエットの人生
ダイエットの悩みや体験談についてです。
夜ごはんはサラダだけダイエット
ダイエットの悩みや体験談についてです。
ダイエットに関する体験談
ダイエットの悩みや体験談についてです。
やっぱり続かないダイエット!?
ダイエットの悩みや体験談についてです。
毎日増え続けていた体重が、ウォーキングを始めて減りました。
ダイエットの悩みや体験談についてです。
中性脂肪削減にオススメ
ダイエットの悩みや体験談についてです。