ダイエットに関する体験談

私は身長170cm体重70kg20代後半男性で、やや肥満体型でした。なぜダイエットをしようかと思ったかといいますと、職場の制服がパンパンになってきたことを同僚に言われたからです。

 

自分でも薄々気がついていたのですが、他人に言われて初めて認識しました。それだけじゃなく不摂生が続き、中性脂肪が高くなり、健康への不安が発露してきたからです。

 

ダイエットをするには何から始めれば良いのだろうか、考えたあげく食事と運動をテーマに無理なくやろうと決心しました。それからというもの、まず食生活を見直し、野菜や魚のような低カロリー食と脂肪分の少ない食事を試みました。

 

次に運動ですが、朝ウォーキングを20分程度より始めました。代謝機能を高めることを狙い、脂肪燃焼を図りました。そんな生活を3ヶ月続けていきますと、体重もみるみる減少し、制服にも余裕が出てきました。

 

そして、半年が経過した頃には7kgのダイエットに成功し、制服に対する悩みも消え、中性脂肪の数値も低下しました。やれば出来る、そう信じてやった甲斐がありました。よくある食事と運動による無理のないダイエットは間違いないと思いました。あとはリバウンドしないよう気を付けたいと思います。

 

 

ダイエットの悩みが尽きない

私は比較的明るい性格をしています。いじられてもそんなに気にすることはないタイプですが、体型のことをいじられると少し傷つきます。必死にダイエットしている時だからこそ、余計に傷つきます。

 

心ない一言がストレスになり、ふと思い出した瞬間、無性にイライラしてしまいます。他人のことは気にすることはないのに、気になってしまって滅入ってしまいます。

 

さらに、仕事のストレスや疲労が週の後半になると蓄積され、週末にはお酒と高カロリーの食べ物を食べてしまい、ダイエットが無意味になります。意志が弱いと言われても仕方がないと思いますが、それで明日への活力を失ってしまうと何のために生きているのかなと悩んでしまいます。

 

友人に相談したら、明日のことを心配するより今日を刹那に生きないとだめだとか、いじってくる人はその人の課題だから関係ないだとか、励まされますが、どうもうまく飲み込めません。悩みを相談しても悩みが解決されない。そんな日々がこれからも続くのかなと思うと余計に滅入ってしまいます。

 

コツコツ続けることの難しさと、忍耐力の無さが露呈して、自分が情けなくなります。力強く生きてる人はどんな考えや価値観を持っているのか聞いてみたいです。